人気ブログランキング |

刀剣博物館を訪ねて

居合道家として日頃、刀に親しみ、振ってはいるけれど、その歴史や鑑賞としての刀の見方には全く無知な😰私とS先輩。
二人共に居合の大先輩から、立派な御刀を譲り受け、稽古をさせていただくまでにはなったのに、刀のことを知らなすぎる…
これからは、少しでも勉強していきたいな!というわけで、両国の刀剣博物館に行って参りました。
d0059342_17041664.jpg
まず、博物館の立地がいいです。
両国駅を出て5分ほど、東京都墨田区横網1-12-9←⚠️「横綱よこずな」ではなく「よこあみ」なんです😵
d0059342_17045594.jpg
ちょうど通りかかり、国技館に到着した紋付姿のカッコいい力士を見ることができました。国技館も見える旧安田庭園の中に博物館があって、人も少なくゆっくりできるところも良かったです。
スタイリッシュなコンクリートの建造物、美しい館内。
d0059342_17051985.jpg
2階の展示室に入ると、刀がずらりと並んでいて見ごたえがあります。混んでいないので、端から順にゆっくりと見ることができました。刀は目も眩むほどどれもキラキラして、美しかったです。
長さの違いだけでなく、切っ先がすごく大きかったり、樋がなかったり2本あったり、刀身に図や文字が彫ってあったり、反りの大小の違いなど、ほんとうに様々で、知識がなくてもいつまでも見ていることができるくらいで、特に刀によって違う美しさをみせる刃文に感動しました。
d0059342_17062570.jpg
✳︎古刀では樋を掻く(=刀身に沿ってみぞを入れる)ほかに信仰を示す彫刻が多く、梵字(ぼんじ)、剣、不動明王、倶利迦羅(くりから)、三鈷(さんこ)剣、護摩箸や、八幡大菩薩、南無妙法蓮華経などの文字があります。新刀になると、ますます装飾性が強くなり、鶴亀、上下竜、松竹梅、などが彫られています。(資料より)
ミュージアムショップには刀剣関係の本がずらりとならんでいました。手のひらサイズの玉鋼8,000円というのもありました。広くはありませんが見るだけでも楽しかったです。私達は、様々な鍔が染め抜かれた手拭いを購入。
d0059342_17074644.jpg
館内の撮影、フラッシュ🈲ですが、撮影は🆗。
単眼鏡の貸出もあるとのことで、今度利用してみようと思いました。
約1000年前に誕生し、武器としての機能のみならず、日本人の美意識が生んだ芸術品として、現在でも世界中の人々を惹きつけている日本刀。
学び、識ることで、居合の愉しみが広がりそうです。

広報委員

by ktateyama | 2019-05-02 00:00 | 刀剣 | Comments(0)

八千代市で夢想神伝流・剣道連盟制定居合(iaidou)を稽古しています。 稽古内容・入会等に関するお問い合わせは:yachiyoiai@hotmail.com             支部長:教士七段 角 満之 


by ktateyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30